どんな特徴がある?駅近物件のメリット・デメリット

どんな特徴がある?駅近物件のメリット・デメリット

駅近物件に住むメリット

駅近物件に住むメリットとしてまず大きいのは、駅まで短時間で移動できることです。通勤や通学に電車を利用している人にとっては申し分ない立地と言えます。移動時間が少なく住めば、その分ほかのことに時間を使えますね。また、駅の周辺には商業施設や飲食店、銀行などさまざまな施設が集まっています。駅は毎日多くの人が利用するため、周りに便利な施設が多いのです。駅近物件ならこのような施設も近所に出掛ける感覚で利用できます。買い物が好きな人、よく外食をする人などにはぴったりでしょう。そのほか、駅の近くはお店の灯りや街灯などが多いため夜でも道が明るく、また道幅も広い傾向にあり、夜間でも歩きやすいこともメリットと言えます。

駅近物件に住むデメリット

駅近物件のデメリットとして挙げられるのは家賃の高さです。駅近物件は良い条件が多数揃っているため非常に人気があります。人気の高い物件は家賃も高くなります。家賃の相場は地域や間取りなどによって異なりますが、駅近物件はその地域の相場より高いと思ってまず間違いないでしょう。家賃が高いということは、物件を契約する際の初期費用も高額になるということです。住まい探しの予算や家計と相談しながら判断することが大切です。また、駅からの距離によっては、電車が走る音が聞こえる場合もあります。音のレベルは距離や賃貸物件の造りなどにもよるので一概には言えませんが、駅近物件を選ぶ場合は、実際にその物件まで足を運び、電車の音が聞こえてくるか確認すると良いでしょう。

千歳の賃貸物件にはマンションのような高い建物はあまりなく、たいてい3階建て以内のアパートが多いため、地震が来ても安心できます。