注文住宅の設計では収納を考えよう!収納を見落とすリスクとは?

注文住宅の設計では収納を考えよう!収納を見落とすリスクとは?

注文住宅の設計では収納を見落としがち

注文住宅を設計するときにはリビングやキッチン、寝室などの広さを重視することが多いでしょう。間取りは重要だという話を聞いて、部屋と部屋をつなぐ廊下やドアの配置の仕方も綿密に考えているかもしれません。ただ、部屋を広くしようと考え、無駄がないレイアウトに仕上げることを目指すと収納を十分に確保することも見落としてしまいがちです。間取り図を見たことがあると寝室には収納があった方が良いというのに気付くことが多いですが、他にも収納が必要なところはたくさんあります。注文住宅を建てたときに収納が足りなかったと言っている人は多いので、収納は少し多いかなというくらい確保しておくようにしましょう。

収納が十分でないリスク

注文住宅で収納を十分に確保していないと色々なリスクが発生します。収納がないとモノをどこに保管するかが悩みになるリスクが高く、タンスやクローゼット、衣装ケースなどを買わなければならないでしょう。余計なコストが発生するだけでなく、どこに置くかも問題になります。十分に広くしたはずのリビングや寝室が狭いと感じるようになることもよくあります。また、キッチンやお風呂、トイレなどの場合には収納を置く場所がなくて困ることも稀ではありません。リフォームをして対応しないと不便に感じることもあります。遠くの収納に消耗品を置いておくのがストレスになるケースも多いので注意が必要です。収納は十分に確保しておくのが注文住宅を設計するときの重要なポイントなのです。

神奈川県では県産の木材を使用した住宅には建築助成金が支給されるため、神奈川の注文住宅は無垢材などを使用した木造が多めです。