過ごしやすい注文住宅を実現するには!?こだわりたいポイントを紹介

過ごしやすい注文住宅を実現するには!?こだわりたいポイントを紹介

時代に合わせた家づくりをすることが大切

時代の変化に伴って住宅も変化しており、古い住宅だと不便に感じることが多くなるでしょう。注文住宅づくりをするときは、最新設備を導入するのが好ましいと言われていますが、これは時代の変化に伴うギャップを軽減するためです。例えば、古い住宅はプライバシーが十分に考慮されていないケースが少なくありません。昔の住宅を基準にして家を建てると、あとから問題が発生することが多いわけです。間取りや収納、動線で失敗すると過ごしにくい住宅になってしまいます。失敗を防ぐためには、モデルハウスを見学してイメージを膨らませておく方法がおすすめです。大切なのは現在の住宅における住みにくさを洗い出し、それを解消できる家づくりを徹底することです。

動線を考えるうえで大事なのは不便を感じないこと

最適な動線は家庭ごとに異なるため、他の家庭の話は参考に留めておく必要があります。例えば、毎日家で食事を作るという家庭であれば、キッチン周りの動線が重要です。お子さんが多い家庭であれば洗濯をする回数が増えやすく、洗濯物の移動・収納といった作業が増えるでしょう。一階に洗濯機を設置した場合、濡れた洗濯物を二階のベランダに干すのは大変です。この問題を解消するには干すスペースを一階に用意する、洗濯機を二階に設置するなどの工夫が必要です。掃除を迅速に進めるためには、コンセントの場所がポイントになります。コンセントの場所が遠い、不便な位置にある、などの問題により掃除が大変になることがあります。注文住宅づくりをする前に、コンセントの位置や数をよく考えて決めてください。

東京の注文住宅の平均相場(2019年時)は4000万円、同時に土地も購入する場合は5600万円です。見積り比較をして上手に住宅会社を選ぶと、500万円以上もお得に建てられることもあります。