こんな住宅設計なら暮らしやすい!注文住宅の建て方

こんな住宅設計なら暮らしやすい!注文住宅の建て方

収納は多すぎず少なすぎずが理想

収納スペースは不足すると、荷物が入らないから困るというのはイメージしやすいので、多くしたくなるものです。しかし、多ければいいというものではありません。収納スペースというのは、人が生活をする場ではありません。そこにスペースを取りすぎると、部屋が狭くなって息苦しくなりますし、通路が通りにくいとか気に入ったユニットバスが入らないという事態になります。なにより普段は使わないものを取っておくためだけに場所を用意するのは、コスト面でも問題です。では、どのくらいの収納スペースを用意すればいいのかと言うと、一般的には床面積の15パーセントから20パーセントくらいが目安とされています。そこに家族の人数や趣味で集めているものの数などを考慮して、調整していきましょう。

入居後の生活をよく考える

注文住宅はこだわりを形にできる点が魅力ですが、見た目だけしか考えていない家にしてしまうと暮らしにくくなります。どうしたら暮らしやすい家になるのかということで、鍵になるのが動線です。例えば家事の動線で、洗濯場から物干し場まで移動するまでの動線が長いと、重い洗濯物を持って移動しなければならないので疲れてしまうでしょう。動線を短くするためにも、洗濯場は物干し場の近くに配置するべきです。他にも、トイレや風呂に入るために台所を通るような動線にしてしまうと、家族同士がぶつかる恐れがあります。通路の位置やドアの数を工夫して、動線が交わらないようにしたほうが良いでしょう。このように動線から住宅設計をしていくときには、生活の要であり体力を使う家事動線を優先させれば暮らしやすくなります。

千葉の注文住宅業者の中には、モニターや新築資金などのプレゼントキャンペーンを行っている会社もあります。